読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【終末のイゼッタ】  第12話(最終話) 予想通りすぎてなんかもう

izetta.jp

 

動画はこちらから

 

 最終回でした。いえ、前エントリー書いたとき、本当に最終話は見てなかったんです。でも、予想通り過ぎてなんかもー、本当に。でも、アニメをたしなんでる方ならみんな読めた展開でしょうに。王道といえば王道なんだけど、サプライズ的なのなかったかな。

 

ベルクマンとジークは因果応報って感じでしたね。ベルクマンは裏切った部下に、ジークは国のために切り捨てた兵士に。エイルシュタットは裏切った白き魔女に。って思うと、いい感じに一貫性はありますが。

 

イゼッタの出した答えはそれでもちょっとうるって来ました。国を背負う人間が一人に固執してはだめだと、みなを守るために出した決断を恨んではだめだと、そう言えるイゼッタは強いです。私はこんなにあなたのために、ってのが一般的だし、私だってそうだし、そこまで献身できるのはすごいなーと。本人は恩返しって言ってたけど、これが無償の愛なんだろうなって思わされました。

 

最後のシーンはあえてなんのセリフも入れなかったので、イゼッタが普通に生きているのか、精神を病んでいるのか、わからないようにしていたのは余韻が少しできてよかったです。アニメの最終話はやっぱり余韻がないとねー。