読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽警察とストーカーの悪質な行為(荒川区での実話です)

どうやらわたしはストーカーと偽警察に騙されるという被害にあったようです。

 

詳しくは、私の妻が、ということなのですが。

 

経緯としては以下の通りです。

 

3月13日(月) 

 妻が自宅前で痴漢にあう。赤ちゃんを抱いていたのに、その際に落としてしまう。犯人は立ち去ろうとしたが、後姿を写メに残し、あとを追いかけ、110番して合流した警官と、犯人を確保する。赤ちゃんは念のため病院へ。CTスキャンとかして2万円くらいかかったけど、犯人に支払わせる。その際、写メした後姿は「SNSへの投稿などを避けるため、消してください。そういうことをすると逆に名誉棄損で訴えられることがあるので」ということで、端末から消去したとのこと。

 

3月14日(火)~17(金)

 事情聴取ということで、妻は私服警官と一緒に証言しに。でも、あとから聞いたところ、警察署ではなく、小さな白いアパートみたいなところで実施されたとのこと。被害届も、自宅で書いたらしいが、拇印は押さなかったらしい。

 

3月20日(月)~22日(水)

 痴漢の犯人がストーカーに。毎日家にやってきてはピンポンを鳴らす。オートロックのマンションなので最初は外からだったが、22日には中に入ってきてドアノブをガチャガチャ。自分がいないときにだけ犯人が来るので怪しいと思って、妻に携帯を調べてもらうよう話したところ、GPS追跡されていた模様。解決してもらったらしい。

 

3月23日(木)24日(金)

 さすがに怖かったので、妻を職場に連れていく。

 

3月27日(月)

 盗撮、盗聴も怪しかったので調べてもらう。結果、盗聴器が見つかったが、コンセント裏ですぐに取り出せないということで、翌日専用の機器をもってきてもらうことに。

 

3月28日(火)

 盗聴器7個、カメラ2個を発見。回収してもらう。これまで証拠が不十分で逮捕できないとのことだったらしいが、さすがに逮捕状が出たということで逮捕。

 

3月31日(金)

 お礼を言いに尾久警察署、荒川警察署を訪れるも、どちらもその履歴がない。担当してくれたらしい「鈴木」と名乗った女性警官も在籍なし。

 

犯人逮捕以降に「鈴木」さんからの連絡もなく、どうしようもないことを確認し、偽警察だったのではと疑っている現状です。

 

反省点としては以下の通り。

1.警察手帳を見せてもらっていなかった

2.私が本件にからんでいなくて、追いかけられなかった。(全部妻が自分で対応)

3.こちらから警察へ連絡を入れるタイミングがなかった

 

妻が実はうそをついているのではないかとも疑いましたが、なんのメリットもないので、おそらく本当に被害を受けたのだろうと思います。

もし、似たような境遇にある女性がいたら、これを参考に騙されないよう気を付けてほしいと思います。連絡先の履歴や、担当警官の素性を確認しましょう。また、折をみて所属していると名乗る警察署にも自分から連絡を入れてみましょう。番号折り返しでは意味がないので、一番いいのは足を伸ばして、受付に聞いてみることです。

トーカーと痴漢に、盗撮と、妻が精神的に参っていたいので、警察を名乗る方に任せましたが、こうなると怒りがわきます。本当に、捕まればいいんですが。